HOMEに戻る

株式会社 ザラジャパン / ウィンドウドレッサー

松場 大一郎さん
2011年卒業 / 兵庫県立篠山鳳鳴高等学校 出身

入学のきっかけは体験入学!
現在はプロとして
ファッションの魅力を世の中に発信

実は当初はギタリストになるのが夢だったのですが、他校の体験入学で業界の厳しさを目の当たりにして断念しました。次に興味のあったアパレル関係の道を考え始めたところ、先輩がビジカレに通っていたのを聞いて体験入学へ参加。そこで充実したカリキュラムに魅力を感じ、入学を決めました。

以降は1年生の後半でアルバイトとしてザラジャパンで働き始め、卒業のタイミングで正社員の話をいただいて今に至ります。現在はウィンドウドレッサーとして、中部エリア店舗のショーウィンドウの提案・制作を担当しています。最先端のトレンドや企業イメージをショーウィンドウを通して世の中に発信できるのは、この職業ならではの大きな魅力です。
グローバルに活躍出来る人材を目標に、日々精進しています。

ビジカレの授業で培った業界知識を
現職で大きく活用できる

色彩やディスプレイの知識は現在でもベースとして多く活かされます。中でも色彩検定はとても役立つ知識なので、しっかり取得しておくことをオススメします!また、校外授業の「マーケットリサーチ」も印象に残っています。買物客を装い店内や店員さんを観察するのは少し緊張しましたが、成長につながる知識をたくさん見つけることができました。

ファッションビジネスの授業では友達とペアになり、お互いに似合う服装のスタイル、テイストやパーソナルカラーを考え、イメージに近いものを雑誌などから集めてスクラップにしたり…。他にも洋服の素材、カラー、歴史、昨今のファッション業界事情や流通の仕組みを学ぶことで、次第に不安が自信へと変わっていきました。

楽しく仕事をするために
好きかどうかで道を選ぶ

将来進む分野を選ぶポイントは「その分野が好きかどうか」の一つだけ!好きなことじゃないと、就職しても続けていくのが難しいと思います。それに、好きなことなら乾いたスポンジのように何でも吸収して自分を成長へとつなげてくれます。何より楽しく仕事をするため、我慢せずに好きな道へ進みましょう。

卒後生インタビュー一覧へ戻る
PAGETOP